officeproロゴ

Excel VBA入門

広告

VBAとはExcelやAccessなどで利用できるプログラミング言語の1つです。VBAを使うことで手動で行っている定型的な業務などを自動化させることができたり、独自のフォームなどを作成してExcelをアプリケーションのように見せることなどができます。

Excelでは処理を自動化するためにマクロという機能も用意されています。実はマクロもVBAも基本的には同じ仕組みです。使い分けとしてはマクロは簡単な処理を手軽に行うためのもの、そしてVBAはより複雑な処理を行うためのものと考えておけばいいかと思います。毎回使用する書式を設定するような簡単な操作を自動化するならマクロを使い、フォームを使って指定された条件に基づいてファイルなどからデータを読み込みグラフを作成するといったことをするならVBAを使います。

ここではVBAを使ってプログラムを作成することできるように順を追って解説を行います。一つ一つの項目ごとにサンプルが用意してありますので実際に実行しながら試してみて下さい。

関連カテゴリ:Excelフォーム

VBAの基本

ExcelにおけるVBAの基本的な文法について確認します。

セルの操作

セルに対する操作をVBAを使って行う方法です。

ワークシートとブックの操作

VBAを使ってワークシートやブックの作成などワークシートとブックの操作方法です。

ウィンドウの操作

ウィンドウを整列したり最大化/最小化などウィンドウに対するVBAによる操作方法について確認しhます。

アプリケーションの操作

アプリケーション全般に関する設定をVBAを使って行う方法について詳しく見ていきます。

グラフの操作

VBAを使ってグラフを作成したりグラフの種類を変更する方法です。

関数

VBA用に用意されている関数について見ていきます。

( Written by Tatsuo Ikura )