ユーザーフォームを別ファイルに保存する

作成したユーザーフォームは VBA のプログラムと同じように作成したブックを保存すれば保存されますが、ユーザーフォームだけを別のファイルとして保存しておくことができます。保存したユーザーフォームは別のブックから読み込むこともできます。ここでは Excel で作成したユーザーフォームを別のファイルに保存したり読み込んだりする方法について解説します。

(Last modified: )

ユーザーフォームが含まれるブックを保存する

VBA のプログラムでユーザーフォームを作成した場合、 VBA のプログラムが含まれるブックを保存する場合と同じように保存すればユーザーフォームも保存されます。例えば Visual Basic Editor の画面から行う場合は「ファイル」をクリックし、表示されたメニューの中から「(ブック名)を上書き保存」をクリックしてください。

ユーザーフォームが含まれるブックを保存する(1)

注意点としては「ファイルの種類」として「Excel マクロ有効ブック (*.xlsm)」を選択して保存してください。(詳しい手順については「」を参照されてください)。

ユーザーフォームが含まれるブックを保存する(2)

VBA が含まれるブックを保存する詳しい手順については「VBAプログラムをマクロ有効ブックとして保存する」を参照されてください)。

ユーザーフォームを別ファイルに保存する

ユーザーフォームだけを別のファイルに分けて保存することもできます。まず保存するユーザーフォームをプロジェクトエクスプローラーで選択してください。

ユーザーフォームを別ファイルに保存する(1)

「ファイル」の中の「ファイルのエクスポート」をクリックしてください。

ユーザーフォームを別ファイルに保存する(2)

ファイル選択ダイアログが表示されます。任意の場所を選択しファイル名を指定して下さい。このとき拡張子が「フォームモジュール(*.frm)」になっていることを確認してください。

ユーザーフォームを別ファイルに保存する(3)

フォームを保存すると拡張子が .frm のファイルと .frx のファイルの 2 つが作成されます。

ユーザーフォームを別ファイルに保存する(4)

保存したユーザーフォームを別のブックでインポートする

ユーザーフォームを別のファイルに保存した場合、別のブックからユーザーフォームをインポートして使用することができます。新しいブックを作成し、そのあとで Visual Basic Editor を起動します。

保存したユーザーフォームを別のブックでインポートする(1)

保存したユーザーフォームを別のブックでインポートする(2)

「ファイル」の中の「ファイルのインポート」をクリックしてください。

保存したユーザーフォームを別のブックでインポートする(3)

ファイル選択ダイアログが表示されるので、インポートするユーザーフォームのファイルを選択し「開く」をクリックしてください。

保存したユーザーフォームを別のブックでインポートする(4)

保存されていたユーザーフォームをインポートすることができました。

保存したユーザーフォームを別のブックでインポートする(5)

-- --

Excel で作成したユーザーフォームを別のファイルに保存したり読み込んだりする方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。