プログラムの保存

Excel VBA を使って作成したプログラムを保存する方法について解説します。

(2022 年 06 月 14 日公開 / 2022 年 06 月 14 日更新)

プログラムを保存する

VBEで作成したプログラムは、元になっているExcelに含まれています。その為、Excelのブックを保存すれば自動的にVBEで記述したプログラムも保存されます。

ブックの保存はVBE上でも可能ですので、プログラムを変更したら必要に応じて随時保存して下さい。

「ファイル」メニューの中に保存用のサブメニューがあります。

プログラムの保存

上記のようにサブメニューをクリックすればブックの保存場所を聞かれますので適当な位置に保存して下さい。(又は既に一度保存されている場合は上書き保存されます)。

モジュールを保存する

モジュールだけを保存する事も出来ます。まず、プロジェクトウィンドウで保存したいモジュールが選択されていることを確認して下さい。

モジュールの保存

次に「ファイル」>「ファイルのエクスポート」をクリックします。

モジュールの保存

モジュールを保存する場所の指定と、必要であればモジュール名を指定します。モジュールを保存するファイルの拡張子は「*.bas」となります。

モジュールの保存

これでモジュールが保存されました。

モジュールを読み込む

次に保存したモジュールを読み込んでみます。「ファイル」>「モジュールのインポート」をクリックして下さい。

モジュールの読み込み

読み込むモジュールファイルを指定します。

モジュールの読み込み

モジュールが読み込まれます。今回は既に存在しているモジュールと同じ名前のモジュールを読み込んだため、自動的に名前が変更されて読み込まれています。

モジュールの読み込み

-- --

Excel VBA を使って作成したプログラムを保存する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。