VBAプログラムを保存する

Excel VBA を使って作成したプログラムを保存するには、ブックを保存する方法とモジュールをエクスポートする方法があります。ここでは VBA を使って作成したプログラムを保存する方法について解説します。

(最終更新日 2022 年 12 月 06 日)

ブックを保存する

Visual Basic Editor で作成したプログラムは、元になっている Excel のブックに含まれています。その為、 Excel のブックを保存すれば自動的に作成したプログラムも保存されます。

ブックの保存は Visual Basic Editor からでも可能です。「ファイル」をクリックし、表示されたメニューの中から「(ブック名)を上書き保存」をクリックしてください。

ブックを保存する(1)

ブックを上書き保存することができます。 Visual Basic Editor でプログラムを修正した場合には、必要に応じてブックを保存してください。

モジュールをエクスポートする

作成したモジュールだけをファイルとしてエクスポートすることも可能です。エクスポートするには、まずプロジェクトウィンドウで対象のモジュールを選択してください。

モジュールをエクスポートする(1)

「ファイル」をクリックし、表示されたメニューの中から「ファイルのエクスポート」をクリックしてください。

モジュールをエクスポートする(2)

ファイル選択ダイアログが表示されるので、モジュールを保存する場所の指定と、必要であればモジュール名を指定してください。モジュールを保存するファイルの拡張子は「*.bas」となります。

モジュールをエクスポートする(3)

モジュールのエクスポートが完了しました。

モジュールをインポートする

保存したモジュールを読み込んでみます。現在ブックにはモジュールが一つもない状態です。

モジュールをインポートする(1)

「ファイル」をクリックし、表示されたメニューの中から「ファイルのインポート」をクリックしてください。

モジュールをインポートする(2)

ファイル選択ダイアログが表示されるので、インポートするモジュール選択してください。

モジュールをインポートする(3)

モジュールのインポートが完了しました。

モジュールをインポートする(4)

今回元々モジュールをエクスポートしたブックにインポートしましたが、別のブックからインポートすることもできます。

-- --

VBA を使って作成したプログラムを保存する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。