ウィンドウの整列

Excel VBA を使ってウィンドウの整列を行う方法を解説します。既に開いているウィンドウを上下に並べたり左右に並べたりします。

(2022 年 06 月 15 日公開 / 2022 年 06 月 15 日更新)

ウィンドウを整列する

ウィンドウを整列するにはWindowsコレクションに対して「Arrange」メソッドを使います。

Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlArrangeStyleTiled

どのように整列するかは「ArrangeStyle」引数で指定します。指定可能な値は下記の4つです。

定数整列方法
xlArrangeStyleCascade重ねて表示
xlArrangeStyleTilede並べて表示
xlArrangeStyleHorizontal上下に並べて表示
xlArrangeStyleVertical左右に並べて表示

設定を省略した場合は「xlArrangeStyleTiled」が使われます。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

下記のように3つのブックを開いた状態から開始します。

ウィンドウの整列

Sub テスト()
    
    Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlArrangeStyleCascade
    MsgBox "重ねて表示しました"

    Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlArrangeStyleTiled
    MsgBox "並べて表示しました"

    Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlArrangeStyleHorizontal
    MsgBox "上下に並べて表示しました"

    Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlArrangeStyleVertical
    MsgBox "左右に並べて表示しました"

End Sub

上記マクロを実行すると次のように整列を順次行っていきます。

ウィンドウの整列

ウィンドウの整列

ウィンドウの整列

ウィンドウの整列

-- --

Excel VBA を使ってウィンドウの整列を行う方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。