表示/非表示の切り替え

Excel VBA を使ってワークシートを表示するかしないかを設定する方法について解説します。

(2022 年 06 月 15 日公開 / 2022 年 06 月 15 日更新)

ワークシートの表示/非表示を切り替える

ワークシートの表示に関する設定はWorksheetオブジェクトの「Visible」プロパティに値を設定します。

Dim sheet1 As Worksheet

Set sheet1 = Worksheets(1)
sheet1.Visible = False

設定できる値は「True」又は「False」です。「True」の場合には表示され、「False」の場合には非表示になります。

また「True」と「False」以外にも設定できる値として以下が用意されています。

定数シートの状態
xlSheetHidden非表示(手動で再表示可能)
xlSheetVeryHidden非表示(手動で再表示不可)
xlSheetVisible表示

「xlSheetHidden」を指定した場合には「False」を指定した場合と同様ですし、「xlSheetVisible」を指定した場合には「True」を指定した場合と同様です。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

次のようなExcelファイルを用意します。

シートの表示/非表示

シート名「Sheet2」のシートを非表示にしてみます。

Sub テスト()
    
    Worksheets("Sheet2").Visible = False

End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

シートの表示/非表示

「Sheet2」シートが非表示になりました。

今回の非表示は手動で再表示可能です。「書式」メニューの中の「シート」メニューをクリックし、さらに「再表示」をクリックします。

シートの表示/非表示

すると現在非表示になっているウィンドウの一覧が表示されます。

シートの表示/非表示

「Sheet2」を選択してから「OK」ボタンをクリックして下さい。

シートの表示/非表示

非表示なっていた「Sheet2」シートが再度表示されます。

-- --

Excel VBA を使ってワークシートを表示するかしないかを設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。