表示/非表示の切り替え

広告

ワークシートの表示を制御します。Worksheetオブジェクトの「Visible」プロパティに値を設定します。

Dim sheet1 As Worksheet

Set sheet1 = Worksheets(1)
sheet1.Visible = False

設定できる値は「True」又は「False」です。「True」の場合には表示され、「False」の場合には非表示になります。

また「True」と「False」以外にも設定できる値として以下が用意されています。

定数シートの状態
xlSheetHidden非表示(手動で再表示可能)
xlSheetVeryHidden非表示(手動で再表示不可)
xlSheetVisible表示

「xlSheetHidden」を指定した場合には「False」を指定した場合と同様ですし、「xlSheetVisible」を指定した場合には「True」を指定した場合と同様です。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

次のようなExcelファイルを用意します。

シートの表示/非表示

シート名「Sheet2」のシートを非表示にしてみます。

testsheetope1.bas

Sub テスト()
    
    Worksheets("Sheet2").Visible = False

End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

シートの表示/非表示

「Sheet2」シートが非表示になりました。

今回の非表示は手動で再表示可能です。「書式」メニューの中の「シート」メニューをクリックし、さらに「再表示」をクリックします。

シートの表示/非表示

すると現在非表示になっているウィンドウの一覧が表示されます。

シートの表示/非表示

「Sheet2」を選択してから「OK」ボタンをクリックして下さい。

シートの表示/非表示

非表示なっていた「Sheet2」シートが再度表示されます。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )