ワークシートの削除

Excel VBA を使ってワークシートを削除する方法を解説します。

(2022 年 06 月 15 日公開 / 2022 年 06 月 15 日更新)

ワークシートを削除する

削除したいワークシートを表すWorksheetオブジェクトに対して「Delete」メソッドを使います。

Dim sheet1 As Worksheet

Set sheet1 = Worksheets(1)
sheet1.Delete

まとめて次のように記述して頂いても構いません。

Worksheets(1).Delete

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

Sub テスト()

    Worksheets(2).Delete

End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

ワークシートの削除

ワークシートを削除する場合には警告ウィンドウが表示されます。もし問題がなければ「削除」ボタンをクリックして下さい。

ワークシートの削除

2枚目にあったワークシートが削除されました。

警告ウィンドウを表示せずにワークシートを削除する

ワークシートの削除のように警告ウィンドウが表示されるといったんプログラムの流れが切れます。もし警告ウィンドウを表示したくない場合にはApplicationオブジェクトの「DisplayAlerts」プロパティで設定を行います。詳しくは「メッセージウィンドウの非表示」を参照して下さい。

では実際に試してみましょう。

Sub テスト()

    Application.DisplayAlerts = False
    
    Worksheets(2).Delete

    Application.DisplayAlerts = True

End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

ワークシートの削除

今度は警告ウィンドウが表示されずにワークシートが削除されました。

-- --

Excel VBA を使ってワークシートを削除する方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。