グラフのデータ範囲の設定

グラフを作成するにはどの範囲のデータを元にするのかを指定する必要があります。ここでは Excel VBA でグラフの元になるデータ範囲を設定する方法について解説します。

(2022 年 06 月 14 日公開 / 2022 年 06 月 14 日更新)

グラフのデータ範囲を設定する

データ範囲を設定するにはChartオブジェクトに対して「SetSourceData」メソッドを使います。

Dim chart1 As Chart

Set chart1 = Application.Charts("Graph1")
chart1.SetSourceData(Source, PlotBy)

引数としては2つの値を指定します。1つ目の「Source」引数にはデータの元になるセル範囲を表すRangeオブジェクトを指定します。

Dim chart1 As Chart

Set chart1 = Application.Charts("Graph1")
chart1.SetSourceData Source:= _
    Worksheets("Sheet1").Range("A1:C4")

2つ目の「PlotBy」引数にはデータ系列を行にするか列にするかを指定します。行の場合には「xlColumns」を、列の場合には「xlRows」を指定します。省略した場合、行数が列数よりも少なければ行を、列数が行数よりも少なければ列をデータ系列とします。

Dim chart1 As Chart

Set chart1 = Application.Charts("Graph1")
chart1.SetSourceData _
    Source:=Worksheets("Sheet1").Range("A1:C4"), _
    PlotBy:=xlColumns

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

Sub テスト()

    Dim chart1 As Chart

    Set chart1 = Charts.Add
    
    chart1.SetSourceData _
        Worksheets("Sheet1").Range("B2:E6")
    
End Sub


			

グラフの元データ範囲の指定

-- --

Excel VBA でグラフの元になるデータ範囲を設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。