離れたセルの参照

広告

Rangeオブジェクトは、離れたセルをまとめて管理することができます。

離れたセルを現すRangeオブジェクトを取得するには、「Range」プロパティの引数を「"セル1, セル2, セル3, ..."」の形式で指定します。

Dim range1 As Range

Set range1 = Range("A1, C2, D5")
range1.Value = 10

上記の場合、セルA1、セルC2、セルD5のそれぞれ単独のセルをまとめて表すRangeオブジェクトを取得します。

まとめて次のように記述しても構いません。

Range("A1, C2, D5").Value = 10

またそれぞれのセルは単独のセルだけではなく、セル範囲を指定することも可能です。

Range("A1, C3:D5").Value = 10

この場合は、セルA1とセル範囲C3:D5をまとめて表すRangeオブジェクトを取得します。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testcellrange3.bas

Sub テスト()

    Dim range1 As Range

    Set range1 = Range("A1, C3:D5")
    range1.Value = 10

End Sub

上記のマクロを実行すると次のようになります。

Rangeオブジェクト

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)