Subプロシージャ

広告

VBAでプログラムを記述したあとで、実際に実行するにはプログラムを呼び出す必要があります。その呼び出す単位となるのがプロシージャです。

プロシージャの構文は下記となっています。

Sub プロシージャ名()

End Sub

プロシージャは「Sub」で始まり「End Sub」で終わります。この間に実際のプログラムを記述します。そしてプロシージャを識別するために「Sub」の後ろにプロシージャ名を記述します。

プロシージャ名はアルファベット、ひらがな、漢字などを使えます。数字も使えますがプロシージャ名の先頭には文字を使わなければなりません。またアンダーバーは使えますが記号やスペースなどは使えません。

正しいプロシージャ名:

Sub Test()
Sub 印刷する()
Sub テスト_011()

誤ったプロシージャ名:

Sub 011Test()
Sub テスト@()
Sub テスト プロシージャ()

プロシージャの記述場所

プロシージャはコードウィンドウ内に記述します。(コードウィンドウについては『プロパティウィンドウ』を参照して下さい)。

プロシージャの記述

1つのモジュール内に複数のプロシージャを記述する事もできます。

プロシージャの記述

複数のプロシージャを記述した場合、自動的にプロシージャとプロシージャの間に横線が入ります。

プロシージャの呼び出し

記述したプロシージャは、1つ1つをマクロとして実行する事ができます。先ほどのように3つのプロシージャを記述した場合で見てみます。

VBE上で「実行」>「Sub/ユーザー フォームの実行」をクリックして下さい。

プロシージャの呼び出し

3つのマクロが表示されていますが、作成したプロシージャのプロシージャ名が表示されます。今回は3つのプロシージャを記述しましたので3つ出てくるわけです。

プロシージャの呼び出し

では「テスト」が選択された状態で「実行」ボタンをクリックして下さい。

プロシージャの呼び出し

「テスト」プロシージャが呼び出され、「テスト」プロシージャ内に記述されたプログラムが実行されます。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)