ブック作成時のワークシートの作成枚数

広告

ブックを新規に作成した時に、ブックに含まれるワークシートの数はデフォルトで3枚ですが、Applicationオブジェクトの「SheetsInNewWorkbook」プロパティでデフォルトの値を設定することが可能です。

Application.SheetsInNewWorkbook = 2

枚数は長整数型 (Long) の値で指定します。一度設定した値はExcelを終了した後も保存されます。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testapplicaiotnother6.bas

Sub テスト()

    MsgBox "デフォルトで" & Application.SheetsInNewWorkbook & "枚作成されます"

	Application.SheetsInNewWorkbook = 2
    
	Workbooks.Add
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

新規ブック内のワークシートの枚数

まずデフォルトで設定されている値を表示させています。デフォルトでは新規ブック内に作成されるワークシートは3枚です。

新規ブック内のワークシートの枚数

作成されるワークシート数を2枚に設定したあとで、新規ブックを作成しています。新規ブック内に作成されたワークシートの枚数は2枚であり、先に設定した値と同じになっていることが確認できます。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )