折れ線グラフで特定の線分だけを点線にしたり色を変えたりする

折れ線グラフではデータ系列毎に線の書式設定をすることができますが、同じデータ系列の中の一部の線分だけに対して線の色を変えたり点線にしたりといった書式設定を行うことができます。ここでは Excel の折れ線グラフで一部分だけを点線にしたり色を変えたりする方法について解説します。

※ データ系列単位で書式を設定する方法については「折れ線グラフの線の色、幅、種類を設定する」を参照されてください。

(2022 年 01 月 12 日公開 / 2022 年 01 月 12 日更新)

折れ線の一部を点線にする

折れ線グラフの一部に対してだけ異なる書式を設定することができます。例として下記のグラフで、最後の線分だけ異なる書式を設定してみます。

折れ線の一部を点線にする(1)

対象の線分を一度クリックしてください。線分が含まれる折れ線全体が選択された状態になります。

折れ線の一部を点線にする(2)

もう一度対象の線分をクリックしてください。対象の線分だけが選択された状態になります。

折れ線の一部を点線にする(3)

線分の上で右クリックし、表示されたメニューの中から「データ要素の書式設定」をクリックしてください。

折れ線の一部を点線にする(4)

画面右側に「データ要素の書式設定」を行うエリアが表示されます。「塗りつぶしと線」アイコンをクリックして下さい。

折れ線の一部を点線にする(5)

例として線の種類を点線に設定してみます。「線」の中の「実線/点線」の右にあるドロップダウンメニューをクリックしてください。

折れ線の一部を点線にする(6)

線の種類を選択できる画面が表示されます。対象の線分に設定したい種類をクリックして下さい。今回は「点線(角)」を選択しました。

折れ線の一部を点線にする(7)

対象の線分の線の種類が先ほど選択した点線に変更されました。

折れ線の一部を点線にする(8)

一部の線分に異なる書式を設定したところ、凡例が項目別に表示されるようになりました(グラフに複数のデータ系列が含まれている場合はこのようにはなりませんでした)。

折れ線の一部を点線にする(9)

折れ線の一部の色を変更する

折れ線グラフの一部に対して線の色を変更することもできます。先ほどと同じ手順で「データ要素の書式設定」を行うエリアを表示してください。

折れ線の一部の色を変更する(1)

「線」の中で「線(単色)」を選択したあと、「色」の右に表示されているドロップダウンメニューをクリックしてください。

折れ線の一部の色を変更する(2)

色の選択を行える画面が表示されます。線分に設定したい色をクリックして下さい。

折れ線の一部の色を変更する(3)

対象の線分の線の色が先ほど選択した色に変更されました。

折れ線の一部の色を変更する(4)

-- --

Excel の折れ線グラフで一部分だけを点線にしたり色を変えたりする方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。