折れ線グラフの線の色、幅、種類を設定する

広告

折れ線グラフを作成するとデータ系列毎に異なる色の折れ線が表示されます。折れ線の色は自動で設定されますが、グラフを作成したあとで任意の色に変更することが可能です。また線の幅や種類も変更することができます。ここでは Excel の折れ線グラフで線の色、幅、種類を設定する方法について解説します。

※ 折れ線の一部分だけを対象に書式を設定する方法については「折れ線グラフで特定の線分だけを点線にしたり色を変えたりする」を参照されてください。

(2022 年 01 月 12 日公開 / 2022 年 01 月 12 日更新)

線の色を設定する

折れ線グラフの線の色を設定します。色を設定する対象の折れ線にマウスを合わせてください。

線の色を設定する(1)

折れ線の上で右クリックし、表示されたメニューの中から「データ系列の書式設定」をクリックしてください。

線の色を設定する(2)

画面右側に「データ系列の書式設定」を行うエリアが表示されます。「塗りつぶしと線」アイコンをクリックして下さい。

線の色を設定する(3)

「線」の中で「線(単色)」を選択したあと、「色」の右にあるドロップダウンメニューをクリックしてください。

線の色を設定する(4)

色の選択を行える画面が表示されます。折れ線に設定したい色をクリックして下さい。

線の色を設定する(5)

対象の折れ線の色が先ほど選択した色に変更されました。

線の色を設定する(6)

線の幅を設定する

次に折れ線の幅を設定する方法です。色を設定したときと同じ手順で「データ系列の書式設定」の設定を行うエリアを表示してください。

線の幅を設定する(1)

折れ線の幅を設定するには、「幅」の右に値を設定します。

線の幅を設定する(2)

今回は幅の値として 5pt を設定しました。

線の幅を設定する(3)

対象の折れ線の幅が先ほど指定した幅のサイズに変更されました。

線の幅を設定する(4)

線の種類を設定する

最後に折れ線の種類を設定する方法です。色を設定したときと同じ手順で「データ系列の書式設定」の設定を行うエリアを表示してください。

線の種類を設定する(1)

折れ線の種類を設定するには、「実線/点線」の右にあるドロップダウンメニューをクリックしてください。

線の種類を設定する(2)

線の種類の一覧が表示されるので、折れ線に設定する線の種類をクリックしてください。

線の種類を設定する(3)

対象の折れ線の種類が先ほど選択した線の種類に変更されました。

線の種類を設定する(4)

-- --

Excel の折れ線グラフで線の色、幅、種類を設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。