あいさつ文を入力

広告

Wordを使って手紙のような文書を作成する場合、定型的な文書を自動的に入力することができます。

では実際に試してみます。Wordの編集画面で「拝啓」と入力して下さい。

あいさつ文を入力

すると「拝啓」に対応する「敬具」が自動的に文末に入力されます。

あいさつ文を入力

手紙を書く場合には「拝啓」などの「頭語」と「敬具」などの「結語」を手紙の最初と最後に記述します。Wordでは頭語を入力すると自動的に結語を補ってくれます。頭語と結語の組み合わせは以下のようなものがあります。

頭語読み結語読み
拝啓はいけい敬具けいぐ
前略ぜんりゃく草々そうそう
謹啓きんけい謹白きんぱく
謹呈きんてい謹白きんぱく
急啓きゅうけい草々そうそう
拝復はいふく敬具けいぐ
粛啓しゅくけい頓首とんしゅ
冠省かんしょう草々そうそう
追啓ついけい敬具けいぐ

また頭語を入力すると下記のようなウィンドウが表示されます。

あいさつ文を入力

手紙の基本的な構成は「頭語」「あいさつ文」「起こし言葉」「本文」「結び言葉」「結語」となっています。この中で「あいさつ文」と「起こし言葉」「結び言葉」の定型的な文書を自動的に入力することが出来ます。

では先ほどのウィンドウの中で「あいさつ文の挿入」をクリックして下さい。

あいさつ文を入力

「あいさつ文」ダイアログが表示されます。3つのリストの中でそれぞれ1つ項目を選択して「OK」ボタンをクリックするとあいさつ文がWord編集画面のカーソルがあった位置に挿入されます。

あいさつ文を入力

続いて「起こし言葉」をクリックします。

あいさつ文を入力

「起こし言葉」ダイアログが表示されます。リストの中でそれぞれ1つ項目を選択して「OK」ボタンをクリックすると選択した起こし言葉がWord編集画面のカーソルがあった位置に挿入されます。

あいさつ文を入力

手紙の本文を入力したあとで最後に「結び言葉」をクリックします。

あいさつ文を入力

「結び言葉」ダイアログが表示されます。リストの中でそれぞれ1つ項目を選択して「OK」ボタンをクリックすると選択した結び言葉がWord編集画面のカーソルがあった位置に挿入されます。

あいさつ文を入力

このようにWordを使って手紙を記述する場合にはある程度定型化した部分をWordがサポートしてくます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。