フォーカスの取得不可と編集不可の設定

広告

テキストボックスがフォーカスを取得できないようにしたり編集を出来ないように設定します。

フォーカスを取得できないように設定するには「Enabled」プロパティを使います。

コントロールがフォーカスを取得できるかどうか、およびユーザーの操作で
発生したイベントに応答するかどうかを設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  Boolean  ユーザーの操作で発生したイベントに応答するかどうかを指定します。

「True」を設定するとフォーカスを取得でき、ユーザーの操作で発生したイベントに応答できます。デフォルトの値は「True」です。「False」を設定するとマウス操作やキー操作でコントロールを操作することはできません。ただし、コードを通じて操作することは可能です。

Enabled プロパティに「False」を設定したコントロールは淡色表示されます。

次にテキストボックスを編集出来ないように設定するには「Locked」プロパティを使います。

コントロールを編集可能にするかどうかを設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  Boolean  省略可能です。コントロールを編集可能にするかどうかを指定
    します。

「True」を設定すると編集が行えなくなります。「False」を設定すると編集が行えます。デフォルトの値は「False」です。

実際の使い方としては次のようになります。

sampleForm.nameText.Enabled = True
sampleForm.nameText.Locked = False

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testTextbox5.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.nameText.Text = "サンプル"
    sampleForm.nameText.Enabled = False
    sampleForm.nameText.Locked = True
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

EnabledとLocked

文字が淡色表示され、フォーカスを与えることも入力されているテキストを選択することも出来なくなっています。

プロパティウィンドウで値を指定する

「Enabled」プロパティ及び「Locked」プロパティについてはプロパティウィンドウで指定が出来ますので、値が決まっている場合は設計の時点で設定をしておくことも可能です。例として「Enabled」プロパティについて見てみます。プロパティウィンドウの「Enabled」の箇所の右側にある下矢印をクリックして値を選択して下さい。

EnabledとLocked

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)