入力モードの設定

広告

テキストボックスにフォーカスが設定された時に、日本語入力システムをどの状態にするかを設定します。例えば自動的に全角ひらがなモードに設定することが可能です。

入力モードを設定するには「IMEMode」プロパティを使います。

コントロールがフォーカスを取得したときの日本語入力システム (IME) の
既定の実行時モードを設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  fmIMEMode  日本語入力システム (IME) のモードを指定します。

設定できる値は以下の通りです。

定数モード
fmIMEModeNoControl0IME のモードを変更しません
fmIMEModeOn1IME をオンにします
fmIMEModeOff2IME をオフにして英語モードにします
fmIMEModeDisable3IME をオフにします。このモードにするとユーザーは、キー操作によっても IME をオンにすることができなくなります
fmIMEModeHiragana4全角ひらがなモードで IME をオンにします
fmIMEModeKatakana5全角カタカナ モードで IME をオンにします
fmIMEModeKatakanaHalf6半角カタカナ モードで IME をオンにします
fmIMEModeAlphaFull7全角英数モードで IME をオンにします
fmIMEModeAlpha8半角英数モードで IME をオンにします
fmIMEModeHangulFull9全角ハングル モードで IME をオンにします
fmIMEModeHangul10半角ハングル モードで IME をオンにします

デフォルトでは「fmIMEModeNoControl」が設定されています。その為、テキストボックスがフォーカスを取得しても、IMEはその前に設定されていたモードを変更しません。

実際の使い方としては次のようになります。

sampleForm.nameText.IMEMode = fmIMEModeHiragana

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testTextbox1.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.nameText.IMEMode = fmIMEModeHiragana
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

入力モードの設定

この時、IMEの状態は以下のようになっています。

入力モードの設定

ではテキストボックスにフォーカスを移してみます。

入力モードの設定

するとIMEが全角ひらがな入力モードに自動的に変更になります。

入力モードの設定

プロパティウィンドウで値を指定する

「IMEMode」プロパティについてはプロパティウィンドウで指定が出来ますので、値が決まっている場合は設計の時点で設定をしておくことも可能です。プロパティウィンドウの「IMEMode」の箇所の右側にある下矢印をクリックして設定したい値を選択します。

入力モードの設定

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)