折り返しの設定

広告

テキストボックスに表示される文字列を自動で折り返すかどうかの設定をします。

テキストボックスで折り返しの設定をするには「WordWrap」プロパティを使います。

コントロールの内容を行の最後で、自動的にワードラップさせるかどうかを
設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  Boolean  文字列の長さに応じて、コントロールの高さまたは幅を広げるか
    どうかを指定します。

「True」を設定した場合は自動でワードラップします。デフォルトの値は「True」です。「False」を設定した場合は文字列をワードラップしません。

テキストボックスの場合は「MultiLine」プロパティが「False」の場合、「WordWrap」に値を設定しても無視され自動でワードラップはされません。

実際の使い方としては次のようになります。

sampleForm.nameText.MultiLine = True
sampleForm.nameText.WordWrap = False

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testTextbox9.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.nameText.MultiLine = True
    sampleForm.nameText.ScrollBars = fmScrollBarsHorizontal
    sampleForm.nameText.WordWrap = False
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

折り返しの設定

設定を行なわない場合は1行に入りきらない文字列を入力すると自動で折り返しが行われていましたが、「WordWrap」プロパティに「False」を設定すると自動で折り返しは行われません。(今回は分かりやすいように横スクロールバーを表示するように設定してあります)。

プロパティウィンドウで値を指定する

「WordWrap」プロパティはプロパティウィンドウで指定が出来ますので、値が決まっている場合は設計の時点で設定をしておくことも可能です。プロパティウィンドウの「WordWrap」の箇所の右側にある下矢印をクリックして値を選択して下さい。

折り返しの設定

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)