オプションボタンのイベント処理

広告

オプションボタンで用意されているイベントは以下の通りです。

イベント発生条件
Clickマウスでクリック
DblClickマウスで2 回クリック
Change値が変更される
Enter別のコントロールからフォーカスを受け取る前
Exit別のコントロールにフォーカスを移す直前
MouseDownマウスボタンを押す
MouseUpマウスボタンを離す
MouseMoveマウスボタンを動かす
KeyDownキーを押す
KeyUpキーを離す
KeyPressキーを押す
Errorコントロールでエラーが検出され、呼び出し元のプログラムにエラー情報を返せないとき
BeforeDragOverドラッグ アンド ドロップ操作の実行
BeforeDropOrPasteデータをオブジェクトにドロップしようとするか、または貼り付けようとする
BeforeUpdateコントロールのデータを変更した時の変更される前
AfterUpdateコントロールのデータを変更した後

例としてClickイベントを試してみます。

フォームのコードウィンドウを開いて次のように入力します。

Private Sub option1_Click()
    nameLabel.Caption = option1.Caption
End Sub

Private Sub option2_Click()
    nameLabel.Caption = option2.Caption
End Sub

クリックされたオプションボタンに表示されている文字列の値をラベルに表示するようにします。

呼びだすマクロは次の通りです。

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.nameLabel.Caption = ""
    sampleForm.option1.Caption = "既婚"
    sampleForm.option1.Value = True
    sampleForm.option2.Caption = "未婚"
    sampleForm.Show
End Sub

ではマクロを実行します。

オプションボタンのイベント処理

違うオプションをクリックするとラベルに表示されている内容が変更されます。

オプションボタンのイベント処理

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)