リストボックスの表示データにシートのセル範囲を指定する

広告

Excelのシートに入力された値を元にリストボックスを作成することができます。

リストのデータとしてシートの値を指定するには「RowSource」プロパティを使用します。

リストのソースを設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  String  リストのソースを指定します。

ワークシートのセル範囲を指定できます。例えば「ListSheet」シートにあるセル範囲B2:C5のデータをリストとして表示するには次のように記述します。

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.listFoods.ColumnCount = 2
    sampleForm.listFoods.RowSource = "ListSheet!B2:C5"
    sampleForm.Show
End Sub

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testList7.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.listFoods.ColumnCount = 2
    sampleForm.listFoods.RowSource = "ListSheet!B2:C5"
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

リストのソースにシートのセル範囲を指定する

リストデータの元になっているシートは次のように値が入力されています。

リストのソースにシートのセル範囲を指定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)