複数の項目を選択できるようにする

広告

リストボックスで複数の項目を選択できるようにする方法を確認します。

選択方式を設定するには「MultiSelect」プロパティを使います。

オブジェクトに複数選択を許可するかどうかを設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  fmMultiSelect  コントロールの選択モードを指定します。

設定できる値は以下の通りです。

定数選択方式
fmMultiSelectSingle0項目は 1 つだけ選択できます
fmMultiSelectMult1複数選択を許可します。項目の選択/選択解除を行うには、Space キーを押すか、またはクリックします
fmMultiSelectExtended2複数選択を許可します。Shift キーを押しながらクリックするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押すと、現在選択されている項目を始点として一連の項目を連続的に選択できます。項目の選択/選択解除を個別に行うには、Ctrl キーを押しながらクリックします。

デフォルトの値は「fmMultiSelectSingle」となっています。複数項目を選択する一般的な方式は「fmMultiSelectExtended」の方法です。

実際の使い方としては次のようになります。

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.listFoods.MultiSelect = fmMultiSelectExtended
    sampleForm.Show
End Sub

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testList4.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.listFoods.AddItem "りんご"
    sampleForm.listFoods.AddItem "オレンジ"
    sampleForm.listFoods.AddItem "メロン"
    sampleForm.listFoods.MultiSelect = fmMultiSelectExtended
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。項目を1つ選択して下さい。

複数の項目を選択できるようにする

「Ctrl」キーを押しながら別の項目をクリックします。すると複数の項目が同時に選択できます。

複数の項目を選択できるようにする

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)