フォントの設定

広告

ラベルに表示する文字列のフォントを設定します。

フォントの設定には、ラベルからフォントオブジェクトを取得し、フォントオブジェクトが持つ色々なプロパティに対して値を設定します。

まずフォントの種類の設定です。

フォントの種類を設定します。

引数:
  object  対象となるFontオブジェクトを指定します。
  String  フォント名を指定します。

「Name」プロパティにフォント名を指定します。例えば「MS 明朝」などのようなフォントを表す文字を指定します。

次にフォントの太字や斜体など属性の設定です。

フォントに関する各種属性を設定します。

引数:
  object  対象となるFontオブジェクトを指定します。
  Currency  フォントサイズを表す数値を指定します。
  Boolean  指定の属性を適用する場合にTrueを、解除する場合はFalseを
    指定します。

「Size」プロパティは文字のサイズをポイント単位で指定します。

「Bold」プロパティは文字を太字にするかどうかを、「Italic」プロパティは文字を斜体にするかどうかを、「StrikeThrough」プロパティは文字で取り消し線を表示するかを、「Underline」プロパティは文字に下線を表示するかどうかを指定します。

ラベルコントロールに対してFontに関する設定を行う場合は「Font」プロパティを使って次のように指定します。

sampleForm.nameLabel.Font.Name = "MS 明朝"
sampleForm.nameLabel.Font.Bold = True

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testLabel2.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.nameLabel.Font.Name = "MS 明朝"
    sampleForm.nameLabel.Font.Bold = True
    sampleForm.nameLabel.Font.Italic = True
    sampleForm.nameLabel.Font.Size = 12
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

ラベルのフォントを設定する

プロパティウィンドウで値を指定する

フォントに関する設定はプロパティウィンドウで指定が出来ますので、値が決まっている場合は設計の時点で設定をしておくことも可能です。プロパティウィンドウの「Font」の箇所の右側にある「...」をクリックします。

ラベルのフォントを設定する

フォント名やスタイルなどの各種設定が行えます。

ラベルのフォントを設定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)