イメージのイベント処理

広告

イメージで用意されているイベントは以下の通りです。

イベント発生条件
Clickマウスでクリック
DblClickマウスで2 回クリック
MouseDownマウスボタンを押す
MouseUpマウスボタンを離す
MouseMoveマウスボタンを動かす
Errorコントロールでエラーが検出され、呼び出し元のプログラムにエラー情報を返せないとき
BeforeDragOverドラッグ アンド ドロップ操作の実行
BeforeDropOrPasteデータをオブジェクトにドロップしようとするか、または貼り付けようとする

例としてDblClickイベントを試してみます。

フォームのコードウィンドウを開いて次のように入力します。

Private Sub flowerImage_DblClick(ByVal Cancel As MSForms.ReturnBoolean)
    nameLabel.Caption = "Flower"
End Sub

最初に呼びだすマクロは次の通りです。

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.flowerImage.Picture = LoadPicture("c:¥tmp¥flower.jpg")
    sampleForm.nameLabel.Caption = ""
    sampleForm.Show
End Sub

表示されるフォームには「nameLabel」と言うラベルと「flowerImage」と言うイメージが1つずつ設置されています。

では上記のマクロを実行して下さい。次のように表示されます。

イメージのイベント処理

イメージをダブルクリックして下さい。ラベルに絵の名前が表示されます。

イメージのイベント処理

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)