画像ファイルを指定する

広告

イメージに表示する画像を設定します。

画像ファイルを指定するには「Picture」プロパティを使います。

オブジェクトの上に表示するビットマップを設定します。

引数:
  object  設定するオブジェクトを指定します。
  pathname  ピクチャ ファイルの絶対パスを指定します。

LoadPicture関数を使いイメージに表示する画像ファイルをの位置を絶対パスで指定します。

使用できる画像フォーマットは、bmp/gif/jpg/wmf/icoなどがあります。

実際の使い方としては次のようになります。

sampleForm.flowerImage.Picture = LoadPicture("c:¥tmp¥flower.jpg")

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testImage1.bas

Sub テスト()
    Load sampleForm
    sampleForm.flowerImage.Picture = LoadPicture("c:¥tmp¥flower.jpg")
    sampleForm.Show
End Sub

上記マクロを実行すると次のように表示されます。

イメージに画像ファイルを指定

プロパティウィンドウで値を指定する

「Picture」プロパティについてはプロパティウィンドウで指定が出来ますので、値が決まっている場合は設計の時点で設定をしておくことも可能です。プロパティウィンドウの「Picture」の箇所の右側にある「...」をクリックして下さい。

イメージに画像ファイルを指定

次のようにファイル選択ダイアログが表示されますので、画像ファイルを選択します。

イメージに画像ファイルを指定

ファイルが選択されるとプロパティウィンドウには次のように表示されます。

イメージに画像ファイルを指定

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)