ウィンドウの最大化/最小化

広告

ウィンドウの表示状態は最大/通常/最小の3つの状態があり変更することが可能です。

表示状態を指定するにはWindowオブジェクトの「WindowState」プロパティに設定します。

Dim window1 As Window

Set window1 = Windows(1)
window1.WindowState = xlNormal

設定できる値は次の3つです。

定数表示状態
xlNormal通常表示
xlMaximized最大化表示
xlMinimized最小化表示

注意する点としてはウィンドウサイズの変更が不可になっている場合はエラーとなります。(『ウィンドウサイズを変更不可に設定』も参照して下さい)。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

下記のように1枚のワークシートが表示されている状態から開始します。

ウィンドウの最大化/最小化

testwindowope7.bas

Sub テスト()
        
    ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
    MsgBox "最大化表示しました"

    ActiveWindow.WindowState = xlMinimized
    MsgBox "最小化表示しました"
    
    ActiveWindow.WindowState = xlNormal
    MsgBox "通常表示です"
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようまず最大化表示でアクティブシートを表示します。

ウィンドウの最大化/最小化

次に最小化表示を行います。

ウィンドウの最大化/最小化

最後に通常表示を行います。

ウィンドウの最大化/最小化

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )