左上の位置に表示されるセルを指定する

広告

通常はウィンドウ内には(アクティブシートの)セルA1が左上の位置に表示されています。この左上の位置に表示するセルの位置を指定することが出来ます。

行位置を指定するにはWindowオブジェクトの「ScrollRow」プロパティに設定します。列位置を指定するにはWindowオブジェクトの「ScrollColumn」プロパティに設定します。

ActiveWindow.ScrollRow = 2
ActiveWindow.ScrollColumn = 4

行及び列の位置は1から始まる数値で指定します。列の場合も「A,B,C...」ではなく「1,2,3...」で指定して下さい。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testwindowope6.bas

Sub テスト()
    
    Dim window1 As Window
    
    Windows("VBAsample.xls").Activate
    Set window1 = ActiveWindow
    
    MsgBox "セルB2が左上の位置にくるように表示します"

    window1.ScrollRow = 2
    window1.ScrollColumn = 2
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のよう表示されます。

ウィンドウ内の表示位置の指定

「OK」ボタンをクリックすると位置を移動します。

ウィンドウ内の表示位置の指定

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)