表示倍率の変更

広告

ウィンドウの表示倍率を変更してみます。表示倍率は通常の状態が100%となっており、任意の倍率に変更して表示させることができます。

表示倍率を変更するには、変更したいWindowオブジェクトの「Zoom」プロパティを使います。

ActiveWindow.Zoom = 200

200%で表示したい場合には「Zoom」プロパティに「200」を設定します。また表示倍率を変更できるのはアクティブシートだけです。

また拡大縮小の倍率を指定する以外に、セルの一部を選択した状態で「Zoom」プロパティに「True」を設定すると、選択された領域がウィンドウいっぱいに表示されるように表示倍率を自動で設定してくれます。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

testwindowope5.bas

Sub テスト()
    
    Dim window1 As Window
    
    Windows("VBAsample.xls").Activate
    Set window1 = ActiveWindow
    
    ActiveWindow.Zoom = 200
    MsgBox "200%に設定しました"

    Range("B2:E6").Select
    ActiveWindow.Zoom = True
    MsgBox "選択範囲を基準に拡大表示しました"
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のよう表示されます。

ウィンドウの表示倍率の設定

まず200%に拡大しています。次にセル範囲B2:E6を選択して、選択したセルを基準に表示倍率を変更します。

ウィンドウの表示倍率の設定

ちょうど選択した領域がウィンドウの幅または高さになるように表示倍率を自動的に設定します。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )