コントロールのタブオーダーを設定する

ユーザーフォームにテキストボックスやコマンドボタンのようにフォーカスを得ることができるコントロールを複数設置した場合、 TAB キーを押すことでフォーカスを移動することができます。このときフォーカスが移動する順番のことをタブオーダーといいます。この順番はコントロールを設置した順番になっていますがあとから変更することができます。ここでは Excel のユーザーフォームでコントロールのタブオーダーを設定する方法について解説します。

(Last modified: )

コントロールのタブオーダーを変更する

フォーカスを得ることができるコントロールの場合、ユーザーフォームを表示したあとで TAB キーを押していくことでフォーカスを順番に移していくことができます。

コントロールのタブオーダーを変更する(1)

このフォーカスが移動する順番をタブオーダーといいますが、デフォルトではユーザーフォームにコントロールを追加した順番になっています。この順番を変更するには「表示」をクリックし、表示されたメニューの中から「タブオーダー」をクリックしてください。

コントロールのタブオーダーを変更する(2)

タブオーダーを設定するダイアログが表示されます。

コントロールの重なる順番を変更する(3)

フォーカスが移動する順番にコントロールのオブジェクト名が表示されています。順番を変更したい場合は、対象のコントロールをクリックして選択したあと「上に移動」または「下に移動」をクリックしてください。

コントロールの重なる順番を変更する(4)

コントロールの重なる順番を変更する(5)

変更が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

コントロールの重なる順番を変更する(6)

タブオーダーの変更が完了しました。あらためてユーザーフォームを表示したあとで TAB キーを押していくと、フォーカスが移動する順番が変更されていることが確認できました。

コントロールの重なる順番を変更する(7)

-- --

Excel のユーザーフォームでコントロールのタブオーダーを設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。