シートをアクティブにする

Excel VBA を使って指定したワークシートをアクティブにする方法を解説します。アクティブになったワークシートと言うのは、一番前面に表示されているワークシートのことです。一度にアクティブにできるワークシートは1つだけです。

(2022 年 06 月 15 日公開 / 2022 年 06 月 15 日更新)

シートをアクティブにする

ワークシートをアクティブにするには、アクティブにしたいWorksheetオブジェクトに対して「Activate」メソッドを使います。

Dim ワークシート As Worksheet

ワークシート.Activate

ワークシートはインデックス番号又はワークシート名を指定して取得したWorksheetオブジェクトなどに対してメソッドを実行して下さい。

具体的な記述方法は次のようになります。

Dim sheet1 As Worksheet

Set sheet1 = Worksheets(1)
sheet1.Activate

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

ワークシートのアクティブ化

まず上記のような状態から開始します。

Sub テスト()

    Dim sheet1 As Worksheet
    
    Set sheet1 = Worksheets(2)
    sheet1.Activate
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

ワークシートのアクティブ化

左から数えて2番目のシートがアクティブ化されて一番前面に表示されました。

-- --

Excel VBA を使って指定したワークシートをアクティブにする方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。