Visual Basic Editorの文字と背景色を設定する

VBA のプログラムを作成するには Visual Basic Editor を使用しますが、プログラムを記述するコードウィンドウの文字色やフォント、背景色などをデフォルトの値から変更することができます。ここでは Excel で Visual Basic Editorの文字と背景色を設定する方法について解説します。

(Last modified: )

VBEの文字や背景色を設定する

Visual Basic Editor のコードウィンドウの文字や背景色を設定する方法です。デフォルトでは次のようになっています。

VBEの文字や背景色を設定する(1)

設定を変更するには「ツール」をクリックし、表示されたメニューの中から「オプション」をクリックしてください。

VBEの文字や背景色を設定する(2)

「オプション」ウィンドウが表示されます。「エディターの設定」タブをクリックしてください。

VBEの文字や背景色を設定する(3)

「エディターの設定」画面が表示されます。

VBEの文字や背景色を設定する(4)

コードの表示色

最初に設定の対象となる「コードの表示色」を選択します。次の種類があります。

標準コード
選択された文字
構文エラーの文字
次のステートメント
ブレークポイント
コメント
キーワード
識別子
ブックマーク
呼び出し元

VBEの文字や背景色を設定する(5)

どの項目の設定を変更するのかを選択したあと、背景色や文字色を変更します。

大幅に変更する場合は一つ一つ設定していく必要がありますが、今回はこの中の「標準コード」「キーワード」「識別子」について設定を変更します。「標準コード」は数値や文字列などの値です。「キーワード」は IfSub など VBA の予約語、「識別子」は変数名やプロシージャ名です。

背景色を変更する

最初に背景色を変更してみます。まず「コードの表示色」として「標準コード」を選択しました。「背景」の値は現在「自動」となっています。ドロップダウンメニューをクリックして設定したい色を選択してください。今回は「黒」を選択しました。

VBEの文字や背景色を設定する(6)

設定を変更すると「サンプル」のところに表示されます。

VBEの文字や背景色を設定する(7)

「キーワード」および「識別子」についても「背景」の値として「黒」を選択しました。

VBEの文字や背景色を設定する(8)

VBEの文字や背景色を設定する(9)

文字色を変更する

次に文字色を変更してみます。まず「コードの表示色」として「標準コード」を選択しました。「前景」の値は現在「自動」となっています。ドロップダウンメニューをクリックして設定したい色を選択してください。今回は「黄色」を選択しました。

VBEの文字や背景色を設定する(10)

「キーワード」の「前景」の値は現在「青」となっています。今回は「水色」を選択しました。

VBEの文字や背景色を設定する(11)

「識別子」の「前景」の値は現在「自動」となっています。今回は「白色」を選択しました。

VBEの文字や背景色を設定する(12)

フォントの種類とサイズを変更する

フォントの種類はすべての「コードの表示色」で共通です。文字のフォントの種類とサイズを変更する場合は、画面右上の「フォント名」および「サイズ」の個所で設定を行ってください。

VBEの文字や背景色を設定する(13)

今回はフォント名を「Meiryo UI(日本語)」、フォントサイズを 14 に変更しました。

VBEの文字や背景色を設定する(14)

設定を反映させる

設定が完了しましたら「OK」をクリックしてください。

VBEの文字や背景色を設定する(15)

背景色や文字に関する設定変更がコードウィンドウに反映されました。

VBEの文字や背景色を設定する(16)

-- --

Excel で Visual Basic Editorの文字と背景色を設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。