RGB関数:色を表す数値を取得する

RGB 関数は Excel VBA で用意されている関数の一つで、引数に指定した赤、緑、青のそれぞれの割合から色を表す数値を取得することができます。セルの背景色や表示される文字の色を指定する場合に使用します。ここでは Excel VBA における RGB 関数の使い方について解説します。

(Last modified: )

RGB関数の定義と使い方

RGB 関数は赤、緑、青の色の割合を指定し、色を表す Long 型の数値を取得します。

RGB(赤,緑,青)

1 番目の引数には赤の割合を表す数値を 0 から 255 までの Integer 型の数値で指定してください。

2 番目の引数には緑の割合を表す数値を 0 から 255 までの Integer 型の数値で指定してください。

3 番目の引数には青の割合を表す数値を 0 から 255 までの Integer 型の数値で指定してください。

代表的な色を作成する場合の色の指定は次の通りです。

作成される色
000
00255
02550
シアン0255255
25500
マゼンタ2550255
黄色2552550
255255255
サンプルコード

それでは簡単なサンプルを作成して試してみます。

Option Explicit

Sub RGB関数()
    Range("B2").Value = "東京都"
    Range("B2").Interior.Color = RGB(48, 48, 48)
    Range("B2").Font.Color = RGB(255, 255, 255)
    Range("C2").Interior.Color = RGB(0, 148, 255)
End Sub

RGB関数の定義と使い方(1)

このプログラムを実行すると、 B2 セルの文字色と背景色、 B3 セルの背景色がそれぞれ指定した色に設定されます。

RGB関数の定義と使い方(2)

-- --

Excel VBA における RGB 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。