ダイアログでメッセージを表示する

Excel VBA を使ってメッセージを表示するときに使用するダイアログを表示する方法を解説します。

(2022 年 06 月 14 日公開 / 2022 年 06 月 14 日更新)

ダイアログでメッセージを表示する

構文は下記のようになっています。

MsgBox 表示文字列, ボタンの種類, タイトル文字列

上記は単にメッセージを表示し、ボタンが1つだけある場合の構文です。

ダイアログに表示されているどのボタンを押したかなど、ダイアログからの結果を取得する場合には次のように記述します。

Dim ans As Integer
ans = MsgBox (表示文字列, ボタンの種類, タイトル文字列)

ダイアログでどのボタンが押されたかはInteger型の値とをして取得する事が出来ます。

ダイアログに表示する文字列、どのようなボタンを表示するかの指定、ダイアログのウィンドウタイトル、の3つを指定して作成します。ボタンの種類とタイトル文字列は省略可能で省略した場合はデフォルトの値が使われます。

サンプルプログラム

まずはどのようなものか理解するためにボタンが1つだけあるダイアログを作成してみます。

Sub テスト()
    MsgBox "ダイアログテスト", vbOKOnly, "タイトル"
End Sub

上記のマクロを実行すると次のようになります。

ダイアログテスト

-- --

Excel VBA を使ってメッセージを表示するときに使用するダイアログを表示する方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。