グラフシートの作成

広告

Excelでグラフを表示するには、ワークシートの中にグラフを作成するか、グラフシートを作成します。ここではまずグラフシートの作成方法を確認していきます。

グラフシートはワークシートと同じくブックに含まれるシートの1つです。1つのブックに含まれるグラフシートはChartsコレクションに含まれています。よって新しくグラフシートを作成するにはChartsコレクションに対して「Add」メソッドを使って追加します。

Dim chart1 As Chart

Set chart1 = Charts.Add

「Add」メソッドはグラフシートを作成すると同時に、作成されたグラフシートを表す「Chart」オブジェクトを返します。

ブック内のどの位置にグラフシートを作成するかは「Before」引数か「After」引数で指定します。「Before」引数を使った場合には「Before」引数に指定したシートの前にグラフシートを作成し、「After」引数を使った場合には「After」引数に指定したシートの後ろにグラフシートを作成します。省略された場合はアクティブシートの前に追加されます。

Dim chart1 As Chart

Set chart1 = Charts.Add(Before:=Worksheets("Sheet1"))

また「Count」引数を使って、追加されるグラフシートの枚数を指定することが出来ます。

Dim chart1 As Chart

Set chart1 = Charts.Add(Count:=2)

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

下記のようなExcelシートを用意しておきます。

グラフシートの作成

上記の表の部分をグラフにしたグラフシートを追加してみます。

testchartedit1.bas

Sub テスト()

    Dim chart1 As Chart

    Set chart1 = Charts.Add(Before:=ActiveSheet)
    chart1.SetSourceData Worksheets("Sheet1").Range("B2:E6")
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

グラフシートの作成

※上記のサンプルではChartオブジェクトの「SetSourceData」メソッドを使ってグラフのデータ範囲を指定しています。詳しくは『グラフのデータ範囲の設定』を参照して下さい。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)