ロックの解除

ワークシートを保護する際にロックされているセルが保護の対象となります。デフォルトでは全てのセルがロックされていますが、セルのロックを解除することでワークシートが保護された時にも編集が可能となります。ここでは Excel VBA を使ってセルのロックを解除する方法について解説します。

(2022 年 06 月 14 日公開 / 2022 年 06 月 14 日更新)

セルのロックを解除する

セルのロックを解除するには、対象となるセル範囲を表すRangeオブジェクトの「Locked」プロパティに「False」を設定します。

Dim range1 As Range

Set range1 = Range("A1:C3")
range1.Locked = False

まとめて次のように記述しても構いません。

Range("A1:C3").Locked = False

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

Sub テスト()
    
    Range("B2").Locked = False

    ActiveSheet.Protect

End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

ロックの解除

ワークシートは保護されましたのでセルの編集は行えませんが、セルB2に関してはロックを解除してあるため編集が可能です。

例えばセルB2以外のセルを編集しようとすると次のような警告ウィンドウが表示されます。

ロックの解除

セルB2に関してはロックを解除してあるため編集が可能です。

ロックの解除

※ワークシートの保護に関しては「シートの保護」を参照して下さい。

-- --

Excel VBA を使ってセルのロックを解除する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。