日付の書式

広告

日付の書式は日や年などをどのように表示するかで書式用の文字を組み合わせて利用します。

年については西暦や和暦が使えます。

書式パーツ対象表示
yyyy西暦2006/09/082006
yy西暦2006/09/0806
g和号2006/09/08H
gg和号2006/09/08
ggg和号2006/09/08平成
e和暦1992/09/084
ee和暦1992/09/0804

実際に試してみます。

testcellformat7.bas

Sub テスト()
    
    Range("A1:A4").Value = "2006/09/08"
    Range("A1").NumberFormatLocal = "yyyy"
    Range("A2").NumberFormatLocal = "yy"
    Range("A3").NumberFormatLocal = "gggee"
        
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

日付の書式

月と日と曜日

月は数値以外に英語表記が可能です。曜日は英語表記及び日本語表記が可能です。

書式パーツ対象表示
m2006/09/089
mm2006/09/0809
mmm2006/09/08Sep
mmmm2006/09/08September
d2006/09/088
dd2006/09/0808
ddd曜日(英語)2006/09/08Fri
dddd曜日(英語)2006/09/08Friday
aaa曜日(日本語)2006/09/08
aaaa曜日(日本語)2006/09/08金曜日

実際に試してみます。

testcellformat8.bas

Sub テスト()
    
    Range("A1:A4").Value = "2006/09/08"
    Range("A1").NumberFormatLocal = "yyyy.mm.dd ddd"
    Range("A2").NumberFormatLocal = "gggee""年""mm""月""dd""日""(aaa)"
    Range("A3").NumberFormatLocal = "mmmm dd, yy"
        
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

日付の書式

日付の場合でも、好きな文字を書式の間に記述することが出来ます。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )