セル結合の解除

広告

結合されたセルを解除する方法を確認します。解除するには、結合するセルの元になった複数のセルの中のどれか1つのセルを表すRangeオブジェクトの「MergeCells」プロパティに「False」を設定します。

Dim range1 As Range

Set range1 = Range("A1")
range1.MergeCells = False

まとめて次のように記述しても構いません。

Range("A1").MergeCells = False

結合を解除するのに指定するセルは、結合されているセルに元々含まれていたセルであれば、どのセルであっても構いません。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。まず下記のようなExcelファイルを用意します。

セル結合を解除する

セルB2の位置にあるセルの結合を解除します。

testcellmerge2.bas

Sub テスト()

    Dim range1 As Range
    
    Set range1 = Range("C2")
    range1.MergeCells = False
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

セル結合を解除する

少し分かりにくいですが、セルB2の位置にあったセルは結合が解除されて、それぞれセルB2、セルC2、セルD2になっています。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)