下線の設定

Excel VBA を使ってフォントのスタイルとして下線を設定する方法を解説します。

(2022 年 06 月 14 日公開 / 2022 年 06 月 14 日更新)

下線を設定する

下線を設定するにはFontオブジェクトの「Underline」プロパティを使います。

Dim font1 As Font

Set font1 = Range("A1").Font
font1.Underline = True

Fontオブジェクトを別途取り出さずに、次のようにまとめて記述しても構いません。

Range("A1").Font.Underline = True

「Underline」プロパティは単に「True」を設定した場合には1本線の下線が引かれます。1本線以外の形状の線を引く場合には次のどれかの値を設定して下さい。

定数下線の種類
xlUnderlineStyleNone無し
xlUnderlineStyleSingle下線
xlUnderlineStyleDouble二重下線
xlUnderlineStyleSingleAccounting下線(会計)
xlUnderlineStyleDoubleAccounting二重下線(会計)

二重下線を引く場合には次のように記述します。

Range("A1").Font.Underline = xlUnderlineStyleDouble

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

Sub テスト()
    
    Range("B2:B5").Value = "ABC"

    Range("B2").Font.Underline = xlUnderlineStyleSingle
    Range("B3").Font.Underline = xlUnderlineStyleDouble
    Range("B4").Font.Underline = xlUnderlineStyleSingleAccounting
    Range("B5").Font.Underline = xlUnderlineStyleDoubleAccounting

End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

下線の設定

-- --

Excel VBA を使ってフォントのスタイルとして下線を設定する方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。