Fontオブジェクト

広告

書式に関する色々な情報を管理しているオブジェクトはFontオブジェクトです。FontオブジェクトはRangeオブジェクトのFontプロパティを使って取得することができます。

Dim font1 As Font

Set font1 = Range("A1").Font
font1.Size = 20

上記の例ではFontオブジェクトを取り出した後で、今度はFontオブジェクトのSizeプロパティの値を変更しています。

Fontオブジェクトを別途取り出さずに、次のようにまとめて記述しても構いません。

Range("A1").Font.Size = 20

セルに関する情報を保持しているFontオブジェクトを取り出したら、次にFontオブジェクトの各プロパティに値を設定することでセルに関する書式を変更することが可能です。

セルに設定可能な書式は、Excelの「セルの書式設定」で設定可能なものになります。

セルの書式設定

では次のページから1つ1つ確認していきます。

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)