セルの挿入

広告

セルを挿入する方法を確認します。挿入したい位置にあるRangeオブジェクトに対して「Insert」メソッドを使います。挿入される位置にあるセルは右方向又は下方向へ移動します。

Dim range1 As Range

Set range1 = Range("A1")
range1.Insert Shift:=xlShiftToRight

挿入後にセルを移動させる方向を「Shift」引数を使って指定します。指定できる値は次のどちらかです。

定数移動方向
xlShiftToRight右方向へシフトする
xlShiftDown下方向へシフトする

移動方向に関する引数は省略可能です。省略した場合にどちらの方向へセルが移動するかはExcelが判断します。

まとめて次のように記述しても構いません。

Range("A1:B3").Insert Shift:=xlShiftDown

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

下記のようなExcelファイルを用意します。

セルの挿入

セルC2の位置にセルを挿入し右方向へ移動させ、次にセル範囲C4:D4の位置にセルを挿入し下方向へ移動させてみます。

testcelledit2.bas

Sub テスト()

    Dim range1 As Range
        
    Set range1 = Range("C2")
    range1.Insert Shift:=xlShiftToRight

    Range("C3:D3").Insert Shift:=xlShiftDown
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

セルの挿入

Excel VBA入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )