書き込みパスワードを付けて保存

名前を付けて保存する際に、書き込みパスワードを設定することができます。書き込みパスワードを設定すると、ファイルを開こうとした時にパスワードの入力が求められます。パスワード入力に失敗した場合は、ファイルを開くことは出来ますが読み取り専用となります。ここでは Excel VBA でブックを保存するときに書き込みパスワードを付けて保存する方法について解説します。

(2022 年 06 月 13 日公開 / 2022 年 06 月 13 日更新)

書き込みパスワードを付けて保存する

書き込みパスワードを付けて保存するには「SaveAs」メソッドの引数に「WriteResPassword」を設定します。

Dim book1 As Workbook

Set book1 = Workbooks("VBAsample.xls")
book1.SaveAs Filename:="C:¥excelsample¥OtherFile.xls", _
    WriteResPassword:="pass"

一度パスワードを設定したファイルに対してパスワードを解除するには空の文字列を指定して保存します。

Dim book1 As Workbook

Set book1 = Workbooks("VBAsample.xls")
book1.SaveAs Filename:="C:¥excelsample¥OtherFile.xls", _
    WriteResPassword:=""

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

Sub テスト()
    
    Dim book1 As Workbook

    Workbooks.Open filename:="C:¥excelsample¥2005年成績.xls"
    ActiveSheet.Range("A1").Value = "保存"

    Set book1 = ActiveWorkbook
    book1.SaveAs filename:="C:¥excelsample¥2005年成績(保存).xls", _
        WriteResPassword:="pass"
    book1.Close
    
    Workbooks.Open filename:="C:¥excelsample¥2005年成績(保存).xls"
    
End Sub

上記マクロを実行すると、「2005年成績.xls」と言うブックを開いた後でセルA1に文字をセットした後、「2005年成績(保存).xls」という別の名前でブックを保存します。その際に読み取りパスワードが設定されています。改めて「2005年成績(保存).xls」というブックを開こうとしますが、パスワードが設定されているので次のように表示されます。

書き込みパスワードを付けて保存

パスワードを入力できれば、ブックを開くことができます。

書き込みパスワードを付けて保存

パスワードの入力に失敗すると再入力を求められます。「キャンセル」ボタンをクリックするとエラーとなります。

パスワード入力時に「読み取り専用」ボタンをクリックすると、読み取り専用でブックが開きます。

書き込みパスワードを付けて保存

また、読み取りパスワードと書き込みパスワードを両方設定した場合には、まず読み取りパスワードの入力ボックスが表示され、次に書き込みパスワードの入力ボックスが表示されます。

-- --

Excel VBA でブックを保存するときに書き込みパスワードを付けて保存する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。