新規ブックの作成

Excel VBA で新規にブックを作成する方法を解説します。

(2022 年 06 月 13 日公開 / 2022 年 06 月 13 日更新)

新規ブックを作成する

新規作成の場合は、Workbooksコレクションに追加するという形になりますので、Workbooksコレクションの「Add」メソッドを使います。

Workbooks.Add

引数として「Template」を指定可能です。この引数には作成するブックにデフォルトで含まれるシートの種類を指定します。

定数シートの種類
xlWBATWorksheetワークシート
xlWBATChartグラフシート
xlWBATExcel4MacroSheetExcel4マクロシート
xlWBATExcel4IntlMacroSheetExcel4インターナショナルマクロシート

省略した場合はワークシートがデフォルトで作成されてブックに格納されます。デフォルトでは3枚のワークシートが作成されるように設定されています。

※新規ブック作成時にデフォルトで何枚のワークシートを作成するかを設定するには「ブック作成時のワークシートの作成枚数」を参照して下さい。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみましょう。

Sub テスト()
    
    Workbooks.Add
    
End Sub

上記マクロを実行すると次のようになります。

新規ブック

新しいブックが作成されました。デフォルトでは新しいブックには3枚のワークシートが含まれています。

-- --

Excel VBA で新規にブックを作成する方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。