オートフィルオプション

広告

連続したデータを入力する際にオートフィル機能を使うと便利です。まずオートフィル機能について確認しておきます。

次のようなファイルを用意します。

オートフィルオプション

曜日の欄をオートフィルで入力してみます。まず一番上のセルに「月曜日」と入力します。(月曜日でなくても火曜日でも水曜日でも構いません)。

オートフィルオプション

入力したセルの右下の位置にマウスを持って行きます。マウスの形が「十」の形に変わる場所です。

オートフィルオプション

マウスをクリックしたまま下へ動かします。

オートフィルオプション

ドラッグした位置まで自動的に増加された値が入力されます。

オートフィルオプション

このようにオートフィルを使うと連続した値を入力する場合に便利です。曜日の場合は日~土までが繰り返し入力されます。日付の場合は日付が1日ずつ増加されて入力されていきます。

オートフィルオプション

オートフィルを行った際に表示されるのがオートフィルオプションボタンです。先ほどの例ですと次の赤丸の箇所に表示されています。

オートフィルオプション

ではオートフィルオプションボタンをクリックしてみて下さい。

オートフィルオプション

オートフィルをどのように実行するかが指定できるようになっています。例えばデフォルトでは「連続データ」となっていますがオートフィルを実行後に「セルのコピー」とすれば元のセルの値と同じ値が全てのセルに入力されます。

オートフィルオプション

オートフィルオプション

またオートフィルはデフォルトでは値だけではなく書式も各セルにコピーします。書式は変更せずに値だけを自動で入力したい場合もオートフィルオプションで指定が可能です。

オートフィルオプションは、オートフィルを行った後に表示され、後からどういうオートフィルを行うのかを指定するという形式のため少し変わっていますので注意して下さい。またオートフィルオプションで表示される選択肢はどういった値(例えば数値なのか日付なのか曜日なのかなどです)をオートフィルしたかによって異なります。

Excelの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)