スパークラインの作成と削除

Excel でスパークラインを作成する方法です。スパークラインで作成するグラフはセルの中に表示されるので、グラフの対象となるデータとグラフを表示するセルを指定してスパークラインを作成します。ここでは Excel でスパークラインの作成方法および削除方法について解説します。

(2022 年 09 月 05 日公開 / 2022 年 09 月 05 日更新)

スパークラインを作成する

スパークラインを作成する方法です。次のようなデータを例に作成してみます。

スパークラインを作成する(1)

スパークラインを作成するセルをクリックして選択してください。そのあとで「挿入」タブをクリックしてください。

スパークラインを作成する(2)

リボンが表示されたら「スパークライン」グループの中から作成したいスパークラインの種類をクリックしてください。今回は「折れ線」をクリックしました。

スパークラインを作成する(3)

「スパークラインの作成」ダイアログが表示されます。

スパークラインを作成する(4)

「データ範囲」にはスパークラインの元データのセル範囲を指定します。右のテキストボックスに直接セル範囲を入力するか、ワークシート上でセル範囲を選択してください。

スパークラインを作成する(5)

「場所の範囲」にはスパークラインを表示するセルを指定します。事前にセルを選択していた場合は右のテキストボックスに自動でセルが入力されています。入力されていない場合は直接セルを入力するか、ワークシート上でセルを選択してください。それぞれ入力が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

スパークラインを作成する(6)

選択していたセルに「折れ線」のスパークラインが表示されました。一つのセルの中に小さなグラフが表示されました。

スパークラインを作成する(7)

オートフィル機能を使うことで、他のセルには同じ種類をスパークラインを作成することができます。(オートフィル機能については「オートフィルで連続する値をセルに入力する」を参照されてください)。

スパークラインを作成する(8)

スパークラインを作成する(9)

複数のセルにまとめてスパークラインを作成する

先ほどは一つのセルにスパークラインを作成してからオートフィル機能で他のセルにもスパークラインを作成しましたが、複数のセルに同じ種類のスパークリアンを作成する場合には最初から複数のセルにまとめてスパークラインを作成できます。

スパークラインを作成する複数のセルを選択した上で「挿入」タブをクリックしてください。

複数のセルにまとめてスパークラインを作成する(1)

リボンが表示されたら「スパークライン」グループの中から作成したいスパークラインの種類をクリックしてください。今回は「縦棒」をクリックしました。

複数のセルにまとめてスパークラインを作成する(2)

「スパークラインの作成」ダイアログが表示されます。「データ範囲」にはスパークラインの元データのセル範囲を指定します。右のテキストボックスに直接セル範囲を入力するか、ワークシート上でセル範囲を選択してください。今回は複数のセルに対する元データをまとめて選択しました。

複数のセルにまとめてスパークラインを作成する(3)

入力が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

複数のセルにまとめてスパークラインを作成する(4)

事前に選択していた複数のセルにそれぞれスパークラインがまとめて作成されました。

複数のセルにまとめてスパークラインを作成する(5)

スパークラインを削除する

スパークラインを削除する方法です。削除するスパークラインをクリックして選択したあと、「スパークライン」タブをクリックしてください。

スパークラインを削除する(1)

リボンが表示されたら「グループ」グループの中の「クリア」の横にある下矢印をクリックしてください。

スパークラインを削除する(2)

表示されたメニューの中から「選択したスパークラインのクリア」をクリックしてください。

スパークラインを削除する(3)

選択していたスパークラインが削除されました。

スパークラインを削除する(4)

グループ化されたスパークラインをまとめて削除する

複数のスパークラインがグループ化されている場合、グループに含まれるスパムラインをまとめて削除することができです。削除するグループに含まれるいずれかのスパークラインをクリックして選択したあと、「スパークライン」タブをクリックしてください。

グループ化されたスパークラインをまとめて削除する(1)

リボンが表示されたら「グループ」グループの中の「クリア」の横にある下矢印をクリックし、表示されたメニューの中から「選択したスパークライングループのクリア」をクリックしてください。

グループ化されたスパークラインをまとめて削除する(2)

選択していたグループに含まれるスパークラインがまとめて削除されました。

グループ化されたスパークラインをまとめて削除する(4)

スパークラインのデータ範囲を編集する

作成済みのスパークラインで元になっているデータの範囲をあとから編集することができます。まず対象となるスパークラインをクリックして選択したあと、「スパークライン」タブをクリックしてください。

スパークラインのデータ範囲を編集する(1)

リボンが表示されたら「スパークライン」グループの中の「データの編集」をクリックしてください。

スパークラインのデータ範囲を編集する(2)

表示されたメニューの中から「単一スパークラインの編集」をクリックしてください。

スパークラインのデータ範囲を編集する(3)

選択したスパークラインの新しい元データの範囲を入力するかワークシート上で選択してください。終わりましたら「OK」をクリックしてください。

スパークラインのデータ範囲を編集する(4)

選択したスパークラインの元データが新しいデータ範囲に更新されました。

スパークラインのデータ範囲を編集する(5)

なお選択したスパークラインがグループ化されていて、「データの編集」をクリックしたあとで表示されたメニューの中から「グループの位置とデータの編集」をクリックした場合、グループ化されているスパークラインの元データをまとめて編集することができます。

スパークラインのデータ範囲を編集する(6)

スパークラインのデータ範囲を編集する(7)

スパークラインのグラフの種類を変更する

作成済みのスパークラインであとからグラフの種類を変更することができます。まず対象となるスパークラインをクリックして選択したあと、「スパークライン」タブをクリックしてください。

スパークラインのグラフの種類を変更する(1)

リボンが表示されたら「種類」グループのところに利用可能なグラフの種類が表示されますので新しく設定したいグラフの種類をクリックしてください。今回は「縦棒」をクリックしました。

スパークラインのグラフの種類を変更する(2)

スパークラインのグラフの種類が「折れ線」から「縦棒」に変更されました。

スパークラインのグラフの種類を変更する(3)

なお選択していたスパークラインがグループ化されていた場合、今回のようにグループ化されているスパークラインがすべて変更になります。

-- --

Excel でスパークラインの作成方法および削除方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。