ブックを開くときのパスワードを設定し暗号化する

Excel のブックを開くときにパスワードの入力が必要になるように設定することができます。パスワードを知らなければブックを開くことができなくなります。ここでは Excel でブックを開くときのパスワードを設定し暗号化する方法について解説します。

(2022 年 07 月 29 日公開 / 2022 年 07 月 29 日更新)

パスワードを設定して暗号化する

次のようなシートが含まれるブックを作成し、「成績表.xlsx」という名前で保存しました。このブックを開くときのパスワードを設定します。

パスワードを設定して暗号化する(1)

パスワードを設定して暗号化する(2)

「ファイル」タブをクリックして下さい。

パスワードを設定して暗号化する(3)

開いた画面の左側に表示されている「情報」メニューをクリックしてください。

パスワードを設定して暗号化する(4)

「ブックの保護」をクリックして下さい。

パスワードを設定して暗号化する(5)

表示されたメニューの中から「パスワードを使用して暗号化」をクリックして下さい。

パスワードを設定して暗号化する(6)

「ドキュメントの暗号化」ダイアログが表示されます。ブックを開くときに必要となるパスワードを入力してください。入力が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

パスワードを設定して暗号化する(7)

パスワードを設定して暗号化する(8)

確認のため、先ほど設定したパスワードを入力してください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

パスワードを設定して暗号化する(9)

ブックに対して開くときにパスワードが必要になるように設定されました。

パスワードを設定して暗号化する(10)

最後にブックを保存してください。保存を行わないと、設定したパスワードは有効となりません。画面左側に表示されている「上書き保存」メニューをクリックしました。

パスワードを設定して暗号化する(11)

これでブックへのパスワードの設定は完了です。

パスワードが設定されたブックを開く手順

パスワードが設定されたブックを開いてみます。すると「パスワード」ダイアログが表示されますので、事前に設定したパスワードを入力してください。入力が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

パスワードが設定されたブックを開く手順(1)

パスワードが設定されたブックを開く手順(2)

正しいパスワードを入力できればブックを開くことができます。

パスワードが設定されたブックを開く手順(3)

誤ったパスワードを入力した場合は次のように「入力したパスワードが間違っています。CapsLockキーの状態に注意して、大文字と小文字が正しく使われていることを確認してください」というエラーメッセージが表示されてブックを開くことができません。

パスワードが設定されたブックを開く手順(4)

なおパスワードを忘れてしまった場合にブックを開く方法は公式では用意されていません。忘れてしまった場合は二度とブックを開けない可能性が高いので、暗号化される場合は十分ご注意下さい。

パスワードの設定を解除する

ブックに設定したパスワードを解除する方法です。対象のブックを開いてください。(パスワードが分からないなどの理由でブックが開けない場合は解除できません)。そのあとで「ファイル」タブをクリックしてください。

パスワードの設定を解除する(1)

開いた画面の左側に表示されている「情報」メニューをクリックしてください。

パスワードの設定を解除する(2)

「ブックの保護」をクリックして下さい。

パスワードの設定を解除する(3)

表示されたメニューの中から「パスワードを使用して暗号化」をクリックして下さい。

パスワードの設定を解除する(4)

「ドキュメントの暗号化」ダイアログが表示されます。現在設定されているパスワードが表示されているので、テキストボックスを空欄にしてください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

パスワードの設定を解除する(5)

パスワードの設定を解除する(6)

ブックを開くときに設定されていたパスワードが解除されました。

パスワードの設定を解除する(7)

最後にブックを保存してください。保存を行わないと、パスワードの解除は有効となりません。画面左側に表示されている「上書き保存」メニューをクリックしました。

パスワードの設定を解除する(8)

これでブックに設定されていたパスワードの解除は完了です。

-- --

Excel でブックを開くときのパスワードを設定し暗号化する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。