印刷するときの改ページの位置を設定する

Excel で印刷を行うときに 1 ページにおさまらない部分については 2 ページ目以降で印刷が行われますが、任意の位置で改ページを行うように設定することができます。ここでは Excel で印刷を行うときの改ページの位置を設定する方法について解説します。

※ 改ページの設定は改ページプレビューでも可能です。改ページプレビューから行う方法については「改ページプレビューの使い方」を参照されてください。

(2022 年 09 月 02 日公開 / 2022 年 09 月 02 日更新)

改ページを挿入する

改ページの位置を明示的に設定していない場合、印刷可能なところまで 1 ページ目に印刷して残りは 2 ページ目以降に印刷します。

改ページを挿入する(1)

改ページを挿入する(2)

1 ページ目を指定した位置まで印刷して、残りは 2 ページ目以降に印刷したいような場合、改ページの挿入を行います。改ページを行いたい位置のすぐ下の行をクリックして選択してください。今回は 20 行と 21 行の境目で改ページを行いたいので 21 行目をクリックしました。

改ページを挿入する(3)

「ページレイアウト」タブをクリックしてください。

改ページを挿入する(4)

リボンが表示されたら「ページ設定」グループの中の「改ページ」をクリックしてください。

改ページを挿入する(5)

表示されたメニューの中から「改ページの挿入」をクリックしてください。

改ページを挿入する(6)

選択していた行の上の位置に改ページが挿入されました。改ページが挿入された位置には水平の線が表示されます。

改ページを挿入する(7)

印刷プレビューを表示して確認してみると、 1 ページ目は改ページを挿入した位置まで印刷し、残りは 2 ページ目以降に印刷されているのが確認できます。

改ページを設定する(8)

改ページを設定する(9)

改ページは複数挿入することができます。追加で 36 行目と 37 行目の間に改ページを挿入してみます。

改ページを設定する(10)

印刷プレビューを表示して確認してみると、 1 ページ目は改ページを挿入した位置まで印刷し、 2 ページ目も改ページを挿入した位置まで印刷し、残りは 3 ページ目以降に印刷されているのが確認できます。

改ページを設定する(11)

改ページを設定する(12)

改ページを設定する(13)

改ページを解除する

ワークシートに挿入した改ページを削除するには、削除したい改ページのすぐ下の行をクリックして選択してください。

改ページを解除する(1)

「ページレイアウト」タブをクリックしてください。

改ページを解除する(2)

リボンが表示されたら「ページ設定」グループの中の「改ページ」をクリックし、表示されたメニューの中から「改ページの解除」をクリックしてください。

改ページを解除する(3)

選択していた行のすぐ上の位置にある改ページが解除されました。

改ページを解除する(4)

なおワークシートの中にあるすべての改ページを解除したい場合は、「改ページ」をクリックしたあと表示されたメニューの中から「すべての改ページを解除」をクリックしてください。

改ページを解除する(5)

-- --

Excel で印刷を行うときの改ページの位置を設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。