全体が1ページに収まるように縮小して印刷する

Excel でワークシートを印刷する場合、 1 ページに入りきらない場合は複数のページが印刷されることになりますが、全体を縮小して 1 ページにおさまるように印刷することもできます。ここでは Excel で全体を 1 ページに収まるように縮小して印刷する方法について解説します。

(2022 年 08 月 29 日公開 / 2022 年 08 月 29 日更新)

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する

例として次のように印刷すると 4 ページに分かれて印刷されるワークシートで試してみます。

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する(1)

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する(2)

1 ページにまとめて印刷できるように全体を縮小するには、「印刷」画面で「拡大縮小なし」と表示されている箇所をクリックしてください。

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する(3)

表示されたメニューの中から「シートを 1 ページに印刷」をクリックしてください。

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する(4)

「拡大縮小なし」の部分が「シートを 1 ページに印刷」に変わりました。

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する(5)

印刷プレビューも全体が 1 ページに入るように縮小された状態で表示されます。

全体が1ページに収まるように縮小して印刷する(6)

幅または高さが1ページに収まるように縮小して印刷する

ページ全体ではなく、すべての列が 1 ページに収まるように縮小したり(行方向は複数ページになる可能性がある)、すべての行が 1 ページに収まるように縮小する(列方向は複数ページになる可能性がある)こともできます。

幅または高さが1ページに収まるように縮小して印刷する(1)

これは列方向または行方向にだけ縮小するという意味ではなく、行方向または列方向が 1 ページに収まる程度に縮小するという意味です。例えば列方向を 1 ページに収まるように縮小したとき、場合によっては行方向は複数ページになる場合もあります。

-- --

Excel で全体を 1 ページに収まるように縮小して印刷する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。