複数の項目を行又は列に設定する

広告

詳細データの表示を行うと、値を指定してより細かい分類を使うことが出来ますが、行又は列に最初から複数の項目を設定しておくことも可能です。

では実際に試してみましょう。まず下記のようなピボットテーブルを用意します。

複数の項目を行又は列に設定

行のフィールドに「販売日」を追加してみます。フィールドリストの「販売日」をクリックします。

複数の項目を行又は列に設定

行のフィールドのところまでドラッグします。

複数の項目を行又は列に設定

行のフィールドが「販売店」と「販売日」になりました。

複数の項目を行又は列に設定

行や列のフィールドでは項目の並んでいる順番に意味があります。先ほどの例の場合、大分類が「販売店」で小分類が「販売日」となります。

複数の項目を行又は列に設定

今回は「販売日」が小分類となりましたけど、ドラッグする位置によって異なります。先ほどは少し右よりの位置にドロップしていました。

複数の項目を行又は列に設定

よく見て頂くと分かりますがA列とB列の間の部分に少し太いギザギザがあることが分かります。この状態でドロップすると「販売店」より下のレベルで追加されます。

これをもう少し左側でドロップすると次のように表示されます。

複数の項目を行又は列に設定

今度はA列の左側に少し太いギザギザがあることが分かります。この状態でドロップすると「販売店」よりも上のレベルで追加されます。実際の表示も次のようになります。

複数の項目を行又は列に設定

今度は「販売日」が大分類で「販売店」が小分類となっています。

Excelの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )