集計された値の元データを一覧で表示する

ピボットテーブルを作成すると集計された値が表示されますが、表示された値を指定してその元になったデータを一覧で確認することができます。ここでは Excel のピボットテーブルで集計された値の元データを一覧で表示する方法について解説します。

(2022 年 07 月 25 日公開 / 2022 年 07 月 25 日更新)

集計された値の元データを確認する

ピボットテーブルの集計された値から、集計元のデータを確認する方法です。下記のピボットテーブルは「行」に「販売店」、「列」に「支払方法」、「値」に「売上」のフィールドを設定しています。

集計された値の元データを確認する(1)

例として「秋葉原店」の「総計」の値の元データを確認してみます。元データを確認するには対象のセルでダブルクリックするか、対象のセルで右クリックして「詳細の表示」をクリックします。では E5 セル上で右クリックし、表示されたメニューの中から「詳細の表示」をクリックしてください。

集計された値の元データを確認する(2)

新しいワークシートが作成されて、販売店が「秋葉原店」のデータの一覧が表示されます。

集計された値の元データを確認する(3)

今度は「現金」の「総計」の値の元データを確認してみます。 D9 セルをダブルクリックしてください。

集計された値の元データを確認する(4)

新しいワークシートが作成されて、支払方法が「現金」のデータの一覧が表示されます。

集計された値の元データを確認する(5)

最後に「新宿店」で「現金」の値の元データを確認してみます。 D6 セルをダブルクリックしてください。

集計された値の元データを確認する(6)

新しいワークシートが作成されて、販売店が「新宿店」で支払方法が「現金」のデータの一覧が表示されます。

集計された値の元データを確認する(7)

このようにピボットテーブル上の集計された値に関して元になっているデータの一覧を簡単に確認することができます。

-- --

Excel のピボットテーブルで集計された値の元データを一覧で表示する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。