ピボットテーブルの元データの範囲を変更する

ピボットテーブルの元データにデータを追加したときに、ピボットテーブルに追加したデータを反映させるには設定されているデータ範囲を変更する必要があります。ここでは Excel でピボットテーブルの元データの範囲を変更する方法について解説します。

(2022 年 07 月 24 日公開 / 2022 年 07 月 24 日更新)

元データの範囲を変更する

ピボットテーブルの元データにデータを追加した場合、自動的にはピボットテーブルに反映されません。例えば次のようなピボットテーブルで試してみます。

元データの範囲を変更する(1)

現在ピボットテーブルに設定されている元データに、次の 2 行のデータを追加しました。

元データの範囲を変更する(2)

元データにデータを追加した後に作成済みのピボットテーブルを確認すると、追加したデータが反映されていないのが確認できます。

元データの範囲を変更する(3)

このようにピボットテーブルは元データにデータを追加したときに自動的には更新されません。元データに追加された分を反映させるには手動でピボットテーブルのデータ範囲を変更する必要があります。

ピボットテーブルのデータ範囲を変更するには、まずピボットテーブルのいずれかのセルをクリックしてください。すると「ピボットテーブル分析」タブが表示されるのでクリックしてください。

元データの範囲を変更する(4)

リボンが表示されたら「データ」グループの中の「データソースの変更」をクリックしてください。

元データの範囲を変更する(5)

「ピボットテーブルのデータソースの変更」ダイアログが表示されます。

元データの範囲を変更する(6)

「テーブル/範囲」の右にあるテキストボックスに、ピボットテーブルの新しいデータ範囲を入力するか選択してください。入力が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

元データの範囲を変更する(7)

ピボットテーブルのデータ範囲が更新されて、元データに追加したデータがピボットテーブルに反映されました。

元データの範囲を変更する(8)

-- --

Excel でピボットテーブルの元データの範囲を変更する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。