データ範囲の再設定

広告

ピボットテーブルの元になっているデータに関して、データの行が追加された場合について確認します。データの行が増えた場合には再度ピボットテーブルの元になるデータ範囲を再度行う必要があります。

データ範囲の再設定をするにはピボットテーブルウィザードを再度実行する必要があります。まず対象となるピボットテーブルのどこかをクリックして下さい。

ピボットテーブルのデータ範囲の再設定

「データ」メニューの中の「ピボットテーブルとピボットグラフ レポート」をクリックします。

ピボットテーブルのデータ範囲の再設定

ピボットテーブルウィザードの最後の画面が表示されます。

ピボットテーブルのデータ範囲の再設定

「戻る」ボタンをクリックしてウィザードの1つ前の状態に戻って下さい。

ピボットテーブルのデータ範囲の再設定

現時点でピボットテーブルの元になるデータ範囲が表示されていますので、新しく追加された行も含めて再度データ範囲を設定して下さい。

ピボットテーブルのデータ範囲の再設定

「完了」ボタンをクリックすると終了です。

ピボットテーブルのデータ範囲の再設定

新しいデータ範囲を元にピボットテーブルが表示されました。

Excelの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)