ピボットグラフを作成する

作成されたピボットテーブルを元データとしてグラフを作成することができます。通常の Excel で作成できるグラフと似ていますが、ピボットグラフではグラフに表示する項目をグラフ上で選択することができます。ここでは Excel でピボットグラフを作成する方法について解説します。

※ Excel におけるグラフの基本的な使い方については「Excel グラフの使い方」を参照されてください。

(2022 年 07 月 29 日公開 / 2022 年 07 月 29 日更新)

ピボットグラフを作成する

ピボットグラフを作成する手順です。下記のようなピボットテーブルを対象に行ってみます。

ピボットグラフを作成する(1)

ピボットテーブル内のいずれかのセルをクリックしてください。そのあとで「ピボットテーブル分析」タブをクリックして下さい。

ピボットグラフを作成する(2)

リボンが表示されたら「ツール」ブロックの中の「ピボットグラフ」をクリックしてください。

ピボットグラフを作成する(3)

「グラフの挿入」ダイアログが表示されます。

ピボットグラフを作成する(4)

作成するグラフの種類を選択してください。今回は「縦棒」の中の「積み上げ縦棒」を選択しました。選択が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

ピボットグラフを作成する(5)

ピボットグラフが作成されました。

ピボットグラフを作成する(6)

表示する項目を選択する

今回作成したグラフでは横軸にピボットグラフの「行」に設定したフィールド、縦軸に「列」に設定したフィールドが設定されています。そしてグラフ上にはフィールド名が表示されたドロップダウンメニューが表示されています。

表示する項目を選択する(1)

例えば「担当者」のドロップダウンメニューをクリックすると、グラフに表示する「担当者」フィールドの項目を選択する画面が表示されます。

表示する項目を選択する(2)

項目の中から 3 項目だけにチェックを残しました。設定が終わりましたら「OK」をクリックしてください。

表示する項目を選択する(3)

グラフに表示される担当者が先ほど選択した 3 項目だけになりました。

表示する項目を選択する(4)

このようにグラフに表示されているドロップダウンメニューを使用して、グラフに表示する対象の項目を選択することができます。

フィールドの展開と折りたたみを選択する

ピボットテーブルの「行」または「列」に複数のフィールドを設定している場合、大分類と小分類のように階層化されて表示されます。そのピボットテーブルを元にピボットグラフを作成すると、ピボットグラフの横軸または縦軸も大分類と小分類で階層化されて表示されます。

フィールドの展開と折りたたみを選択する(1)

デフォルトではすべて展開された状態でグラフが表示されていますが、折りたたんで大分類だけを表示するようにしたり、折りたたんだものを展開してすべての分類を表示するようにすることができます。

展開されているものを折りたたんで表示する場合は、グラフに表示されている「ー」アイコンをクリックしてください。

フィールドの展開と折りたたみを選択する(2)

横軸は階層化されて表示されていましたが、大分類だけの表示に切り替わりました。

フィールドの展開と折りたたみを選択する(3)

先ほどとは逆に折りたたまれているものを展開して表示する場合は、グラフに表示されている「+」アイコンをクリックしてください。

フィールドの展開と折りたたみを選択する(4)

大分類の他の小分類があるものについてはすべての階層が展開されての表示に切り替わりました。

フィールドの展開と折りたたみを選択する(5)

-- --

Excel でピボットグラフを作成する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。