レポートフィルターを使って集計する対象のデータを絞り込む

ピボットテーブルを作成すると列や行や値に設定したフィールドを使って集計された表が作成されますが、レポートフィルターを使用すると集計する対象のデータを簡単に絞り込むことができます。ここでは Excel のピボットテーブルでレポートフィルターを使って集計する対象のデータを絞り込む方法について解説します。

※ スライサーを使って絞り込みを行うこともできます。詳しくは「スライサーを使って絞り込みを行う」を参照されてください。

(2022 年 07 月 23 日公開 / 2022 年 07 月 23 日更新)

集計する対象のデータを絞り込む

例えば次のようなデータを対象にピボットテーブルを作成する場合で試してみます。

集計する対象のデータを絞り込む(1)

「行」に「販売店」、「列」に「支払方法」、「値」に「売上」のフィールドを設定しピボットテーブルを作成すると次のように表示されます。

集計する対象のデータを絞り込む(2)

集計する対象のデータを絞り込む(3)

集計されるデータはすべてのデータが対象となっていますが、レポートフィルターを使用すると例えば「商品名」が「テレビ」のデータだけを対象にした集計結果を見ることができます。

集計されるデータにフィルターを設定するには画面右上のフィールドのリストの中から「商品名」をドラッグして「フィルター」のところにドロップしてください。

集計する対象のデータを絞り込む(4)

集計する対象のデータを絞り込む(5)

するとピボットテーブルの上の位置に絞り込みを行うための「商品名」のフィールドが表示されます。

集計する対象のデータを絞り込む(6)

「商品名」の右にある下矢印をクリックしてください。次のようなウィンドウが表示されます。

集計する対象のデータを絞り込む(7)

デフォルトでは「商品名」に関してすべてのデータが集計の対象になっています。特定の項目のデータだけを対象にするには、項目名をクリックして選択してください。そのあとで「OK」をクリックしてください。

集計する対象のデータを絞り込む(8)

すべてのデータの中で「商品名」が「テレビ」のデータだけを対象にするようにピボットテーブルが変更されました。

集計する対象のデータを絞り込む(8)

レポートフィルターに設定したフィールドの項目を指定してピボットテーブルの対象のデータを絞り込むことができます。

複数のフィールドをフィルタに設定する

レポートフィルターには複数のフィールドを設定することができます。先ほど「商品名」を設定したので追加で「担当者」を設定してみます。画面右上のフィールドのリストの中から「担当者」をドラッグして「フィルター」のところにドロップしてください。

複数のフィールドをフィルタに設定する(1)

複数のフィールドをフィルタに設定する(2)

レポートフィルターに「商品名」に加えて「担当者」のフィールドが表示されます。

複数のフィールドをフィルタに設定する(3)

それぞれのフィールドを使って集計するデータを絞り込むことができます。また両方のフィールドで項目を選択した場合は両方のフィールドの条件を同時に満たすデータが対象となります。

例えば「商品名」に「テレビ」、「担当者」に「西田」を選択した場合、商品名が「テレビ」且つ担当者が「西田」のデータだけを対象に集計が行われます。

複数のフィールドをフィルタに設定する(4)

レポートフィルターページを表示する

レポートフィルターページを使用すると、レポートフィルターに設定したフィールドの各項目を選んだときの結果をそれぞれ新しいワークシートを作成して表示します。

次のようなピボットテーブルを例に試してみます。レポートフィルターには「商品名」フィールドを設定してあります。項目は「(すべて)」を選択しておいてください。(項目を選択していた場合は、その項目についてはワークシートを作成しません)。

レポートフィルターページを表示する(1)

まずピボットテーブルのいずれかのセルをクリックしてください。すると「ピボットテーブル分析」タブが表示されるのでクリックしてください。

レポートフィルターページを表示する(2)

リボンが表示されたら「ピボットテーブル」グループの中の「オプション」の右にある矢印をクリックしてください。

レポートフィルターページを表示する(3)

表示されたメニューの中から「レポートフィルターページの表示」をクリックしてください。

レポートフィルターページを表示する(4)

「レポートフィルターページの表示」ダイアログが表示されます。対象となるフィールドをクリックして選択してから「OK」をクリックしてください。

レポートフィルターページを表示する(5)

先ほど選択したフィールドに含まれる項目毎にワークシートが自動的に作成されました。各ワークシートではレポートフィルターでその項目を選択した場合のピボットテーブルが表示されています。

レポートフィルターページを表示する(6)

このように対象のフィールドに含まれる全パターンのピボットテーブルを作成したい場合にレポートフィルターページを使用すると便利です。

-- --

Excel のピボットテーブルでレポートフィルターを使って集計する対象のデータを絞り込む方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。