ピボットテーブルの作成

広告

それではまずピボットテーブルの作成方法を見ていきます。ベースになるデータとして次のようなものを用意しました。

ピボットテーブルの作成

このデータを元にピボットテーブルを作成して、様々な分析をしてみたいと思います。

ピボットテーブルウィザード

ピボットテーブルを作成するには次の手順で行っていきます。

まずピボットテーブルにした元のデータが含まれているセルをクリックします。

ピボットテーブルの作成

「データ」メニューの中の「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」をクリックします。

ピボットテーブルの作成

次のようにピボットテーブル作成ウィザードが開始されます。

ピボットテーブルの作成

今回は元のデータが「Excelのリスト/データベース」で、作成するものが「ピボットテーブル」ですのでデフォルトのまま「次へ」ボタンをクリックします。

ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルの元になるデータを指定します。作成する前に元のデータのどこかをクリックしてあれば自動的に設定してくれますが、もし違う範囲が設定されていたら、この状態でExcelのファイルの元になるデータをマウスで選択してください。

ピボットテーブルの作成

範囲の指定が終わりましたら「次へ」ボタンをクリックします。

ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルを作成するワークシートを指定します。新規にワークシートを作成するか、既にあるワークシートかを選択します。今回は「新規ワークシート」を選択しました。最後に「完了」ボタンをクリックします。

ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルの作成が完了しました。ピボットテーブル用ツールバーやフィールドリストが同時に開いているかと思います。

まだこの時点ではどの項目を対象とするかを指定していないので空のピボットテーブルとなっています。

ピボットテーブルツールバーの移動

これはどちらでもいいですが、ピボットテーブル用のツールバーをExcelのツールバーの中に入れておきます。まずピボットテーブル用ツールバーをマウスでドラッグします。

ピボットテーブルの作成

そのまま他のツールバーが並んでいる部分まで持って行きます。

ピボットテーブルの作成

Excelの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)